期間工のメリットとデメリットについて

製造業の現場では期間工と呼ばれる働き方が存在しています。


この働き方は契約期間に定めがある点が特徴であり、採用された段階で契約が解除になる時期が明確になっていると言う仕組みになっています。
この点だけを聞けばデメリットの大きな働き方であると感じる人が多いと考えられますが、実際にはメリットも多い働き方の1つとなっています。この期間工と言う働き方のメリットとしては、非正規雇用としては賃金が高めに設定されているという点が挙げられます。

期間従業員の求人関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

いわゆるアルバイトと同じ扱いになるのではなく、期間に定めのあるという条項が追加されている分高めの賃金となっていることが多いのです。

また雇用契約期間中に生活する場所に困ることのないように宿舎を併設している会社も少なくありません。
期間工と言うのは工場で働く労働者を意味する場合が多いですので、工場に併設された寮などで生活することができるように対応されていると考えることができます。


このような仕組みの恩恵を受けることができるのは遠方からの出稼ぎ労働者などが最も該当すると言えるでしょう。地方で季節性の仕事を持っている場合、その仕事ができない時期に別の仕事に従事する必要があります。

エキサイトニュースに関する情報をご覧ください。

このような仕事の受け皿として期間工の求人は非常に有益な仕事となるのです。



このように製造業の現場のニーズと働き手のニーズが合致する範囲内で求人が行われているというのが特徴となっています。
そのため期間工の働き方に魅力を感じる人も少なからず存在しています。